うつ病と休職

ストレス社会の現代、うつ病が意外と身近な病気になってきてしまいました。

もし万が一自分がうつ病と診断されてしまったら、、、今回は社会人の方向けに、うつ病になった際の休み方について紹介します。

うつ病と診断されたら

うつ病と診断されてしまった場合、治すためにまず大事とされることは休養をとることです。

中でも社会人の方などは会社を休職という形で休むことが必要になってくることもあると思います。

しかし、休職というのは基本的には国で定められていないので、会社によっては休職できないことも多々あるそうです。

どうしても仕事を休めない場合は、仕事量を調節してもらったり、なるべく負担がかからない状態で仕事に取り組めるようにしましょ

休職するためには

休職するために必要な手順は次のようになります。

まずは上司や勤め先に医師の診断内容を伝え、休職を打診してもらう

自分がうつ病になってしまい、休職が治療に際して必要だと感じた場合、まずはそのことを勤め先に伝えなくてはなりません。

信頼の置ける上司に相談をしてみたり、直接勤め先に休職の旨を伝えましょう。

次に休職に必要な書類をそろえる

休職の旨を勤め先に伝えることができたら、次は本格的に休職の手続きに入りましょう。

会社によって対応は違うので、自分の勤め先に問い合わせて、規定どおりに休職手続きを進めましょう。

自宅で休養する

晴れて休職が認められたら、うつ病の治療に専念しましょう。

前述したとおり、うつ病の治療に必要なことは休養をとることです。

なるべくストレスのかからない生活をして、ゆっくり休みましょう。

休職中に使える制度

休職中は基本的に給料はもらえません。療養中の生活の保障としての制度がいくつかあるので紹介します。

傷病手当金

これは健康保険の制度です。休職期間中はこの制度を使えば、最低限の生活はできます。

ただ、申請する際にいくつかの条件があるので、事前に確認することが必要です。

労災保険

精神疾患に関する労災認定は、認定されるまでに時間がかかります。そのため、傷病手当金の需給とあわせて申請しておくほうがいいでしょう。

労災が認められたら、今までの傷病手当金や医療費などを返還が必要となってくるので、ある程度まとまったお金を用意しておくことも必要です。

休職期間中の過ごし方

休職が認められ、いざ休むとなってもどうやって休めばいいのか困ってしまうこともあるかと思います

休職期間中は休むことが仕事です。今まで自分のストレスとなっていたものから離れ、心を休めることに専念しましょう。

仕事を休んでしまっていることの罪悪感などを感じて考え込んでしまうときは、考える時間を決めて、なるべく考える時間を短くしましょう。

また、心と身体はつながっているので、心のケアをする際は規則正しい生活も鍵となってきます。朝起きる時間、夜寝る時間を意識して休んでみてください。

処方された薬をしっかり服用することも忘れないでください。自分のコントロールできないところは無理に自力で治そうとせず、薬に頼りましょう。

また、薬によっては続けて飲むことによって効果がでるものもあるので、自己判断で飲むのをやめてしまったり、飲むべきときに飲まない、といったことは無いようにしましょう。

いかがでしたか?休職する際は以上のことを踏まえて考えてみてください。