うつ病の治療方法と期間

休養

うつ病の治療でとても大切な事は、「こころもからだもしっかり休ませる」ということです。精神療法であれ、薬物療法であれ、精神的にも身体的にもストレスがかかっている状態では、よい治療の効果は期待できません。

うつ病になりやすい性格タイプとして、責任感の強い方があげられます。

このような責任感の強い方は、うつ病を発症していたとしても、「休む」ことに抵抗感や罪悪感を感じ、休みたがらないということがあります。そのため、無理をしすぎてうつ病を悪化させてしまうリスクもあります。

きちんとうつ病から回復して、日々の生活を快適に送るためにも、うつ病の治療の際には、意識してこころとからだを休ませるようにしましょう。

精神療法

精神療法では、医師やカウンセラーとの対話を通して、「自身の性格」や「考え方のパターン」、「自分はなぜうつ病になったのか」という事の理解を深めることで、うつ病の克服をはかる方法です。

精神療法を通して、自分はどういったことにストレスを感じやすいのかなどの自己理解が深まるため、うつ病の症状が回復した後、またうつ病をぶり返すという再発の防止にもつながります。

精神療法のなかでも、現在は「認知行動療法」が有名です。「認知行動療法」とは、うつ病の患者さんと「ストレスを増大させてしまっている思考パンターン」を認識し、より柔軟な思考パターンを身につけていこうとする精神療法です。

その他にも、うつ病になった主な原因が人間関係である場合には「対人関係療法」といった精神療法もあります。

薬物治療

う精神科や心療内科の薬に対して、抵抗感を持たれる方も少なくないかもしれません。

しかし、うつ病によって起きているからだの中の不具合を、薬物療法を通して治していくことが大切です。

抗うつ薬

うつ病の薬物治療において中心的な役割を担うのが「抗うつ薬」です。抗うつ薬は、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの働きを高める効果があります。

セロトニン、ノルアドレナリンの働きが高まることで、抑うつ気分の緩和の効果が期待できます。

抗うつ薬は、効果があらわれるまでには、服用から、1週間から数週間かかります。

抗うつ薬は、効果がすぐあらわれる薬ではなく、継続して飲み続けることで効果がでることを理解しておくことが大切です。

抗不安薬

抗不安薬は、その名の通り、不安感焦燥感を鎮める効果のある薬です。

抑うつ気分に加えて、不安感や焦燥感が強い場合、抗うつ薬とともに処方されることがあります。

睡眠薬

うつ病の患者さんは、「なかなか寝付けない」といった睡眠障害の症状があらわれることも少なくありません。

睡眠障害の症状がある際には、抗うつ薬だけでなく睡眠薬も処方されます。

磁気刺激治療(TMS)

うつ病に対する新しい治療法として注目されているのが、磁気刺激治療(TMS)です。

磁気刺激治療は、磁気を用いて脳の特定の部位を刺激し、脳血流増加をはかる治療方法です。

うつ病患者の方は、脳内の血流や代謝が低下しているため、脳血流をよくすることで抑うつ状態の改善が期待されます。

うつ病治療の期間

うつ病の患者さんが、症状が完治するまでに必要となる期間は、一人ひとり違い、一概にはいえません。

しっかりと休養をとり、1~3ヶ月間ほどで社会復帰される方もいれば、何年も治療薬を服用しながら治療を続ける人もいます。

 

何年もうつ病の治療を続けながらも、完治にいたっていない場合は、うつ病ではなく、双極性障害の可能性があります。

薬物治療をもうやめたいと思っている場合や、自分の症状が何年たっても改善されない場合は、医師にしっかり相談することが大切です。